ヤナギサワの技術

ヤナギサワ独自の技術をご紹介

プレイヤーの立場に立ったテクノロジーと優れた性能。
常に「いい音」と、常に一歩先を行く「使いやすさ」を求める精神性が
ひとつひとつのパーツと独自のシステムに生きています。

立ち上がり調節機能付フロントF キー

サイドFキーをフロントで操作し、フラジオレット奏法の可能性を拡げます。
Fキーのタンポの開きを独立して調節できるため、最良のポイントに合わせられます。

三点支持支柱

ベルと本体とは三点支持支柱で固定、高い剛性を確保しています。
フォルティッシモでもしっかりとした響きが得られます。

サムの魔法使い( 拇指台・指掛け)

点で接する構造により、豊かな響きを実現した「指掛け」。真鍮製で滑らかな吹き心地を実現し、音色のバラツキも少なくした「拇指台」。
(991、992、993モデルは金メッキ仕上げ、SC-991は除く)
(特許No. 3033897)

C#-Bb連動テーブルキー・C#-B連動テーブルキー

C#キーとBbキーの間にシーソー機構を採用。よりスピーディで滑らかな運指を可能にしています。
C#-Bbの連動に加え、C#-B間にもシーソー機構を採用。滑らかな連動を実現した当社独自のシステムです。

右手バランスキー共振止め機構(ブレ止め)

低音演奏時の右手バランスキーの共振を防ぐ機構。安定した低音演奏を可能にします。
(特許No. 2545683)

左手サイドキー1枚座、一体鍵柱長座

管体とキーポストの溶接の強度を高めるのが目的ですが、ポスト上への衝撃から管体の損傷を防ぐ役目も果たしています。
また、しっかりとした中音域の響き、全音域での音の重量感と遠達性、優れた音の安定感が得られます。

ダブルアームキー

2本のアームで力を伝えることで、カップのネジレやユガミを防ぎます。また、耐久性も向上しています。